読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

ドーベルマンは優美かつ高貴でなければならない。【ドーベルマンはどうあるべきか、その外貌と欠点。】

【ドーベルマンのスタンダード(標準書)】 【犬の展覧会】

 

<↑この仔、メスらしく美しい顔をしています。体躯も素晴らしい!見惚れてしまいます。>

 

ドーベルマンのファンは、訓練よりも、とりわけ展覧会に興味があるようです。「愛犬をショーに…」とまではいかなくとも、少し気になる、という方も多いのではないでしょうか。ドーベルマンがどのような基準で定められているのか、少しだけご紹介したいと思います。

 

ドーベルマンの外貌

f:id:wwwhite10:20160717125239j:plain 

  • ドーベルマンは優美かつ高貴でなければならない。
  • ドーベルマンはたくましさ大胆さを兼ね揃え、凛性がなければならない。
  • 性格は服従性作業意欲に富み、活気確固たる自信に満ちた性格でなければならない。 
  • 前高姿勢で頭部を高く保持し強靭で勇壮を醸し出す表情体躯構成でなければならない。

ドーベルマンの場合、この品性優雅さ、大胆さたくましさが、重要な標準(スタンダード)として、はじめに記されています。

 

ドーベルマンの頭部

 

f:id:wwwhite10:20160717223717j:plain

 

  • ドーベルマンの頭部は正面から、また上から見てくさび形でなければならない。
  • 頭部の皮膚は頭蓋に張って、弛緩してはならない。
  • 正面から見て、額のラインは両耳に対し水平でなければならない。
  • 側面から見た時、鼻梁線は額のラインに平行であり、頸部にかけゆるやかに丸みを帯び斜傾しなければならない。
  • 頭部の長さは体高に比較し40%、オスの頭長は28cm、メス26cmが理想的。
  • 頭頂部はまんまるしていたり、山のように隆起、ストップの段差が深すぎたり、明瞭でないものは望ましくない。(上のNGライン参照)
  • これらのような頭部専門用語で、【アップル・ヘッド】【ダウン・フェイス】は望ましくない。

ドーベルマンの目元

  • 目の形はアーモンド型が望ましい。目の色は被毛と同じ濃さ色でなければならない。切れ目、出目、くぼんだ目、ツリ目、黄色眼(猛禽の眼色)、異色眼は望ましくない。
  • 瞬膜(目頭にある膜)も目立たないのが望ましい。

 

ドーベルマンの鼻

  • 鼻先は毛色に合った相応の色でなければならない。湾曲せず十分に長さがあり、詰まった印象を与えてはならない。

 

ドーベルマンの口元

  • 引き締まって結ばれ、42本の歯が揃ってなければならない。
  • 口吻は厚さと幅がなければならない。
  • 上下切歯の間隙は葉書一枚入る程度が理想的

繁殖者の間では、歯に関する専門用語で、

ヒンタ−バイスゲビス(上顎の後方にある下顎の間隙が広すぎること)】

フォアバイサーゲビス(上顎よりも下顎のほうが前面に突き出たアゴのこと)】

もしくは、【オーバーショット】【アンダーショット】と呼ぶ人もいる

遺伝的に折損歯や欠損歯が3〜4歳になって出てくることがある

 

  

ドーベルマンの頬

  • 表面からみても、上からみても頬は平らで、エラがはった印象を与えてはならない。

 

ドーベルマンの耳

  • 耳の付け根は隆起してはならない。大きすぎず、小さすぎず、バランスの取れたサイズでなければならない。

 

ドーベルマンの頸部(首)

  • たくましい首の筋肉に、たるみのない皮膚でなければならない。体長と比較しバランスの取れた長さが理想的。短い首は望ましくない。特にオスで華奢、筋肉の発達がみられない、皮膚がたれているのは望ましくない。
  • 肩から伸びる首の輪郭は上がり勾配で、適度にアーチしている。

  

ドーベルマンの前肢

f:id:wwwhite10:20160718132437j:plain

  • どの方面から見ても前肢は地面に対し垂直で、上腕骨と肩甲骨の長さが等しく、ほぼ直角が望ましい。
  • 肩甲骨は発達した筋肉で覆われ、その位置と長さと十分な斜傾はドーベルマンの歩様に優雅さを与える。
  • 前肢の骨格は太く、筋肉も非常に発達し、たくましく、堅固が望ましい。
  • パスターンは垂直、爪は黒色が望ましい。
  • にぎりの締りのないものは望ましくない。(さらさらとした砂浜で運動をさせていると、フラットな弱いにぎりになるという。)

 

f:id:wwwhite10:20160717211907j:plain

 

ドーベルマンの胴部

f:id:wwwhite10:20160717205519j:plain

 

 

  • キ甲はとくに雄には重要な部位であり、キ甲の高さにより、基本姿勢が決定される。
  • 臀部は発達した筋肉で覆われ、横から見た胸の深さは、肘より下に達していなければならない。しかし、キ甲から測って、体高の50%を下回るのは望ましくない。

f:id:wwwhite10:20160717212217j:plain

  • 地面からキ甲までの高さはオスで70cm、メスで67cmまでとする。
  • 他にも、不十分な胸の深さ、筋肉のない未発達な前胸、細すぎる体幅、長過ぎる胴、斜尻は望ましくない。

 

ドーベルマンの後肢

  • オスの場合はとくに大腿部は幅広く、著しく発達した筋肉で覆われ、大腿骨と下腿骨は約130度。飛節は鈍角、かつ強固でなければならない。
  • 股関節における角度は約80~85度である。
  • 後肢の狼爪は認められない。ドーベルマンでは殆ど出てくることはないが、もし現れたらすぐにとる必要がある
  • 飛節が外向、内向してはならない。O肢、X肢と原因となってしまう。
  • 雄の場合、両睾丸が明瞭でなければならない。

f:id:wwwhite10:20160717211907j:plain

 

 

ドーベルマンの歩様

  • 優美かつ高貴、迫力があり、歩幅は潤滑で回転が早く、対角線上の前後肢は同時に踏み出される。
  • 狭い歩幅、不安定、動揺のある歩行は望ましくない。

  

ドーベルマンの被毛

  • 被毛は固く、かつ密着し、明確に区切られたマーキングが現れていなければならない。
  • ドーベルマンのマーキング箇所は【口吻、口唇、頬、上瞼、喉、腕前部、趾部、後肢の内側、尻部、座骨突起部】 
  • 被毛が軟質、長毛、不明瞭なマーキング、白い被毛が混ざったマーキング、飛節付近の黒色マーキングは望ましくない。

 

 

<↑オスとメスではその美しさが異なりますね。オスもメスもどちらもエレガント!>

 

f:id:wwwhite10:20160717212217j:plain-DobermanTimes®

 

 ドーベルマンの標準(スタンダード)をもっと詳しく知りたい方は

++ ドーベルマンの標準書 ++

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/広告募集/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.