Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

【ドーベルマンの聖地】ドイツ・アポルダ市

f:id:wwwhite10:20161214135444j:plain

DobermanName:Love(♂・1y/o) Owner:Love & Peace様

【ドーベルマン】発祥の地といえば、ドイツのアポルダ市である。【アポルダ(Apolda)】とは一体どんな町なのだろうか。“りんご(Apple)がたくさん穫れる地”という理由から付いた地名であること以外にも、私達ドーベルマンオーナーが興奮しそうな歴史的背景や建造物が、どうやらたくさんありそうだ。

 

-PR-

 

アポルダ市役所前広場 

f:id:wwwhite10:20161223112634p:plain

source

この広場、一見普通の広場だが、1800年代のこの場所では、年一回の催し【ドッグマーケット(犬市場)】が開かれていた。様々な地に土着した犬達が盛んに売買され、それはたいそうな賑わいをみせていたという。

今でもそれは受け継がれ、売買の品は違えど町の一大イベントとなっている。

 <今年のマーケットの様子である。>

 

アポルダの犬市場(ドッグマーケット)

アポルダの住人である【ドーベルマン氏】も、当時このドッグマーケットに足繁く通ったひとりである。その理由は、選りすぐりの気質を持つ犬達を集め、新種の犬を作出するためーー

そう、私達が愛してやまない【ドーベルマン】という魅力あふれる犬種の作出のためである。

f:id:wwwhite10:20161223112954j:plain

⬆ドーベルマンの原種となる、血統の明確でない犬達が自由に売買されていた当時の写真である。現在の広場とさほど変わってないようにみえるがーー⬇

f:id:wwwhite10:20161223112634p:plain

ドーベルマンファンにとって、【この場所からドーベルマンの歴史が始まった】と思うだけで、テンションが上がる瞬間ではないだろうか。

 

そしてもちろん、そばにはドーベルマンの記念碑もたたずんでいる。 

ドーベルマン記念碑

f:id:wwwhite10:20161223111602p:plain

source

記念碑には、“Karl-Friedrich-Louis Dobermann (1834 - 1894)”と刻まれている。彫刻家カースティンという人物によるものだという。

記念碑以外にも、あちらこちらで立派なドーベルマンが彫刻されている。

f:id:wwwhite10:20161223120443p:plain

 噴水の石に彫られているドーベルマン。ヨーロッパにおいて、ドーベルマンの記念碑や石像があるのはこのアポルダだけだという。

 

ドイツ・アポルダ

<ドイツ語の動画だが、発祥地であるアポルダのドーベルマン達が紹介されている。>

アポルダには他にも、美しい家々や緑、お城やタワー、鐘などが観光スポットとなっている。しかし、この町にとってドーベルマンは、また特別誇りある歴史であるに違いないだろう。

ドイツという多くの犬種を輩出している広い国で、作出者名を与えられている唯一の犬種ゆえにーー

 

f:id:wwwhite10:20161214135444j:plain-DobermanTimes®

【Owner:Love & Peace様、このたびは写真をご提供いただき誠にありがとうございました。(*^^*)】

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.