読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

子犬の伏せトレーニング【伏せは飼い主への服従心を高めるコマンドの一つです!】

【子犬のしつけ】

目次

 

f:id:wwwhite10:20160425213638j:plain

伏せは飼い主への服従心を高めるコマンドの一つです。(スワレ・sit)が出来るようになったら【伏せ・Down】へステップアップしましょう。

 

 

準備するもの

・おやつ:子犬が喜びそうなもの(市販のおやつ、茹でたささみ、レバーなど)

・トリーツポーチ:特にこれからドーベルマンのしつけを本格的に始めていくにあたって、メジャードッグ トリーツポーチ は一つあると便利です。用意しておくと良いでしょう。(人気トリーツポーチ一覧

 

伏せ(Down)の教え方のポイント

コマンド「おすわり(スワレ・sit)」からの流れで教えます

おすわりについては▶子犬のおすわりトレーニング【子犬を迎えて一週間前後からスタート!】 - Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ (ドーベルマン.com)

 無理に伏せさせようと、ワンちゃん肩や腰を無理やり押すことは学習を遅らせる行為です。自ら伏せできるようにトレーニングしましょう。

 

伏せ(Down)の教え方

 

:まずおやつでスワレ(sit)を誘導します。ワンちゃんが座ったのを確認してください。

 

:ワンちゃんが座ったら、ワンちゃんの頭上に移動させたおやつを持った手を、そのまま下におろします。ワンちゃんの鼻が下を向くように、おやつを床に下げます。

 

:ワンちゃんの肘が床に触れたら、褒めて、おやつを与えましょう。(このときコマンドはまだ言いません)

 

1〜3を繰り返し練習させます。

 

:1〜3を繰り返しスムーズにできるようになったら、ワンちゃんが伏せをするタイミングでコマンド(伏せ・Down)を言いましょう。

 

:うまくいかない時は、 左腕を下ろした状態で90°に曲げて、その腕の下をくぐらせます。障害物に見立てた腕をくぐらせて、自然と低い姿勢をとるように誘導し、ワンちゃんの肘が床に付いたらおやつを与えましょう。

 

:障害物がなくても伏せの状態が出来るようになったら、再度1〜4を行ないましょう。

 

<資料:Down>

 

 

 

f:id:wwwhite10:20160425213714j:plain

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/広告募集/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.