読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

運動量は足りてますか?スキンシップは足りてますか? 犬の問題行動、まず根底を見直すのも大切【愛情表現で教える子犬のしつけ】

 

f:id:wwwhite10:20151120105959j:plain

初対面でご挨拶中の2匹♪黒い毛並の大型犬が揃うと存在感ありますね(*^^*)

 

 

スポンサーリンク 

   

 

 

犬の問題行動、まず根底を見直すのも大切

犬の“問題行動”というと、

次ようなものが挙げられます。

  • 無駄吠え、
  • 騒音感受性、
  • 人への攻撃性、
  • 噛みぐせ、
  • 破壊行動、
  • 分離不安、
  • トイレが覚えられない など…

 

このような症状が愛犬に現れ始めたら、

しつけの見直しを考えることも、もちろん大切なのですが、

実はそれよりも、もっと大切な、

根底に見直すべきものがあります。

 

 

つまり、日々の運動量とスキンシップの見直しです。

 

 

2015年10月に公開された

韓国で行われた中部大学校の動物科学チームによる研究によると、

運動量、スキンシップが足りていないと、

以下の問題行動を起こす確率が全体的に上昇する、という

相関関係が見い出されたと記事には記載されています。

 

 

 

調査結果

  • 日々の運動量が足りない▶【ストレス上昇、無駄吠え、噛み癖、攻撃性】の確率上昇
  • 1日5時間前後の留守番▶【不安、恐怖心上昇、無駄吠え、トイレを覚えられない、破壊行動】の確率上昇

 

【運動量が足りていないとこと、問題行動】

【スキンシップが足りていないことと、問題行動】

 

これは二つのものが密接にかかわり合い、

一方が変化すれば他方も変化するような関係を表しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

このことを踏まえ、

もし自分の愛犬に問題行動が現れているなと感じはじめたら、

手遅れになってしまう前に、しつけの見直しだけでなく、

日々のスキンシップ、運動量の見直し、

土台となる根底の見直しをしっかり行うことが大切です。

 

 

 

 

 

過去記事▼

 

www.xn--gdk6ap5czbyc.com

www.xn--gdk6ap5czbyc.com 

www.xn--gdk6ap5czbyc.com

 

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/広告募集/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.