読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

子犬の来い(Come)トレーニング【これは互いの結びつきを高めるコマンドです!】

目次

  

f:id:wwwhite10:20160427230851j:plain

【待て・Sit】、【伏せ・Done】【待て・Wait】ができるようになったら次は【来い・Come】です。ドッグランやドッグカフェなどで起きやすい犬同士の”万が一“を避けるためにも【来い・Come】は徹底して学習させましょう。

 

-PR-

 

【来い・come】の教え方のポイント

 

【来い・come】は声のトーンが大切なコマンドです。明るく発声しましょう。

叱るとき怒った口調で「来い・come」を聞き慣れた子犬は行きたいけど怒られると思うようになります。叱るときには、【イケナイ・NO】を用いましょう。

ドッグランなどで、楽しく遊んでいる時や、地面のにおいを集中して嗅いでいる時は、【来い・come】を覚えたからといって、不必要に何度も呼ばないようにしましょう。【来い・come=楽しいことを中断する】と思い込んでしまいます。

 

【来い・Come】の教え方

:子犬の口元におやつを持った手を伸ばして、【来い・come】と言いながら後ろに下がり、子犬が自然と追いかけたくなるように呼び込みます。

:子犬が目の前に来たら、褒めておやつを与えます。

 

子犬が1〜2に慣れたら次のステップ

 

:【来い・come】と言いながら後ろに下がり、子犬が自然と追いかけたくなるように呼び込みます。

:子犬が目の前に来たら、おやつを持った手を垂直に上げ、子犬が自然と座るように誘導します。

:子犬が座ったら褒めておやつを与えます。(スワレのコマンドは言いません)

 

子犬が3〜5に慣れるまで繰り返します。

 

:離れる距離を伸ばしていきます。

:徐々におやつの回数を減らし褒めることをご褒美に変えていきましょう。

 

【来い・Come】の強化

:子犬にリードをつけます。

:子犬に向き合いおやつに注目させます。

:子犬がおやつに注目したら、そのおやつを遠くに投げます。

:子犬がおやつに向かって走りだし食べそうになったらリードを引き、同時に、コマンド【来い・come】で呼び込みます。

 

リードは子犬を引っ張るためではなく、落ちたおやつから食べれない距離を保つためにつけています。

 

:子犬は落ちたおやつに集中し、すぐにコマンドに反応しなくても、コマンド【来い・come】は1回のみ。少しでも子犬が振り返ったら褒めてリードをたぐり寄せながら後ろに下がって呼び込みます。

:子犬が目の前に来たら、褒めておやつを与えます。

:子犬の反応速度が上がってきたら、おやつの回数を徐々に減らし、褒めることに変えていきましょう。 

 

<資料:come-YouTube>40秒あたりから訓練がはじまります

 

 

f:id:wwwhite10:20160428112338j:plain-DobermanTimes®

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/広告募集/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.