読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

「この子!」は、既にあなたに似ている!?

【知って得する犬にまつわる情報】

 

これは知っている方も多いかもしれないが、

わたし的にはつい最近、美容室での会話の中で

衝撃を受けた話なので紹介しよう。

 

 出会い

 

”子犬を飼いたい” と、

ネットやショップで探し始めたとき、

 

沢山の子犬の中から、突然、「この子だ!!」という瞬間が必ずある。

 

この瞬間を感じたあなたは、その子犬を迎え入れることになるのだが…、

 

じつは「この子!」と思う瞬間

ある要因が私たち飼い手に働いているというのだ。

 

 

実際これはある研究チームがその研究成果を発表している。

これは【HUFF POST Science】の記事だが、参考までに▼写真を見て欲しい。

 

People Really Do Look Like

Their Dogs, And Here's Why

 

Dog owners look like their dogs. Or so people say.

Take Huffington Post sports columnist Jordan Schultz (below), who says he and his wife, Breanna, are often told they're the spitting image of their pups Lexi and Zepplin. "People always say that," he said. "And I love it, huge compliment for sure."

jordan schultz

Whether or not you think the Schultzes look like their pets, it seems science is on their side on this one.

 

http://i.huffpost.com/gadgets/slideshows/368992/slide_368992_4234654_compressed.jpg

 

http://i.huffpost.com/gadgets/slideshows/368992/slide_368992_4233526_compressed.jpg

 

引用元▶People Really Do Look Like Their Dogs, And Here's Why

 

 

なんと、そっくりなこと!

上記記事にはこの他にもそっくりペアが多く載っているが、

そのどれもがやはりそっくりなのだ。

 

長い間共に過ごしために、雰囲気が似てきたのだろうか??

 

今まではそう思ってきた。ずっと一緒にいるから似てくるのだと。

 

だが、実はこれ、

研究チームによると、徐々に似てくるのではなく、

既に似ている子を選んでいるというのだ。

ファーストインプレッションの中に、

あなたが馴染みのある見慣れたものを、既にその子犬から感じ取っていると。

 

見慣れた、馴染みのあるもの??

 

親族、友人、恋人…など見慣れたものは様々あるだろうが、

最も一番見慣れたもの、馴染みのあるものは、物心がついたころから、

延々みてきた自分の顔になる。

   

それゆえ、上記の写真のように飼い主とその犬は似ているのだ。

 

 

なるほど。

 

 

それだけが要因かというと、わたしは全てではないと思うが、

納得できる部分が大いにある。

 スポンサーリンク

 

 

 

 

美容師さんとの何気ない会話で、実に面白い話ができて、

二人でこれは学会で発表できると意気込んでいたが、

既に実証済みだったわけだ(^^) 

 

 最後に

愛犬との散歩の際、ふと、自分の姿と愛犬の姿を見てみるのもいい。

思いがけない発見ができる。

 わたしは客観的に自分と愛犬を見た時、身につけているものまで似ていて、

まるでペアルックで散歩しているようだと思ってしまったくらいだ笑

 

 

 

www.xn--gdk6ap5czbyc.com

 

 

www.xn--gdk6ap5czbyc.com

 

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/広告募集/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.