Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

ペット保険の比較と最終的に絞った2社。

ペット保険の比較は大事

愛犬を迎えたらまず考える項目の1つではないでしょうか。

今では、小型犬、大型犬関係なく

加入される方が多くを占めている時代です。

そのため以前と比べ、その保険会社も充実しており、

選ぶ際に迷うほどになっています。

 

最終的に絞ったのはアニコムとPS保険の2社

あなたが重要と思うポイントはなんですか??

以下をチェックして下さい▼

 

  • 保険金を貰うのに面倒な手続きがイヤ。
  • 業界最大手で加入者数が多いのに惹かれる
  • 万一飼ってるペットが他人に被害を与えた時の保険もあるといい。
  • 犬猫以外のペット(フェレット・うさぎ・鳥など)も飼ってる
  • 安全性を重視する
  • 多頭飼の割引を受けたい。

    ▶ならばアニコムがおすすめ。

 

  • 犬、猫以外飼ってない
  • 保険料を可能な限り安く抑えたい
  • 少額短期保険業者でもかまわない
  • とにかく保険料は安いほうか良い
  • 治療費は保険で全額負担したい

  ▶ならばPS保険がおすすめ。

 

どちらがの多く、チェックを入れましたか???

 

 

ペット保険【アニコム】と【PS保険】

これは最終的にわたしが数多くある保険会社から絞った保険会社2社です。

ペット保険を選ぶ際の大切なポイントについてまとめていきますが、保険比較代理店で有名な保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求 では、より具体的に比較事項が掲載されています。新しい家族を迎えたら、一度目を通しておきましょう。

<<▼特別プレゼントが貰えるページに飛びます▼>>

 

 

 

最寄りの動物病院はどこの保険会社と提携している?

 

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求 では、

主要保険会社を9社を一括で比較できますが、

実際のところ自宅に送付されてくる資料全社の比較は正直大変だと思います。

 

なのでここからは、実際にわたしが加入時迷った保険会社を

青字でピックアップしたいと思います。

  

一括資料請求できる9社▼

  • アニコム損害保険
  • アクサ損害保険
  • アイペット損害保険
  •  PS保険
  •  日本アニマル倶楽部
  • au損害保険
  • ペッツベスト
  • ペット&ファミリー
  • もっとぎゅっと少額短期保険

 

 アニコム、アイペット、PS保険、は口コミも良く見比べて損はないです。

 

そして請求したパンフをみながら、予算と補償内容で選ぶわけですが、

そこでもし、どれも内容が似ていて選択に迷ったら

これから通うであろう動物病院のHPをチェックして下さい。

 

そして、その病院がアニコムと提携していたら、

アニコムを選ぶのがベストです。

 

なぜなら、治療費の請求が格段に楽だからです。

ペット保険の中でもアニコムだけが、アニコム加入後に送られてくる保険証カードを病院に提示するだけで、保険が使用でき、保険適用後の料金を病院で支払うだけですみます。保険を利用する際の面倒な手続きが一切いりません。

人間の場合と似てますね。

 

※わたしが保険加入した時期は、保険の請求が楽なのはアニコムだけ‥だったのですが、

今ではアイペットも病院へカードを提示させるだけで、

保険を使用できるようになっています。

 

 

またその他に、アニコムを選ぶメリットは

ペット保険業者のほとんどが少額短期保険業者なのに対し、

アニコムは保険会社であるため、破錠するリスクが他の業者より低く、

加入者数も圧倒的に多いので信頼性が高いということ。

これは他にない強みです。

 

補償額、50%、70%で迷ったときは…?

参考までに…

もし補償で迷ったとき、小型犬であるならば50%でも十分問題はないと思います。しかし、大型犬であればその治療費は小型犬の倍はかかってきます。

 

予算的にも70%を選ぶことが可能なら、

間違いなく70%を選ぶほうがベストです。

 

ドーベルマンでいうと、【過去エントリー】でも書いたように、

健康面が強い犬種の部類ではありません。

とくに健康面が落ち着かない生後〜2歳くらいまで

頻繁に病院に通うこともありえます。

%率の高い方を選ぶのが万一のときの備えになるはずです。

※以前はアニコムでも100%保障があったそうですが、

今は70%までしかありません。残念です(/_;)。

 

<<▼特別プレゼントが貰えるページに飛びます▼>>

 

 

▼追加記事はこちら▼ 

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/広告募集/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.