Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

PM2.5(微小粒子状物質) 動物への影響と対策【犬にまつわる情報】

f:id:wwwhite10:20151128010048j:plain

ここ数日北京で続いていた最悪レベルのPM2・5

北京では昨日(12/8)、微小粒子状物質(PM2.5)の平均濃度が1立方メートルあたり300マイクロ・グラムを超え、日本の環境基準の約9倍が観測された。

 

そのため本日9日の日本へのPM2.5予測情報では、

関東から九州にかけて広範囲で濃度の高いPM2.5が飛来すると予想されている。

 

PM2.5(微小粒子状物質) 動物への影響 

動物‥、ここでは犬を対象としているが、

その健康への影響は人体が被る影響とほとんど同じである。

 

 

動物のPM2.5対策は、動物の花粉症対策と基本は同じ

【微小粒子状物質(PM2.5)対策】

1、散歩から帰ったら微小粒子状物質(PM2.5)を落とす

  散歩から帰ってきたら、ぬれたタオルやシャワーを使って、

  散歩中に付着した微小粒子状物質(PM2.5)を洗い落としましょう。

  前足・後足・お腹・顔は念入りに。

2、服を着て散歩

  微小粒子状物質(PM2.5)が直接地肌に付着しないように、

  服を着て出かけましょう。
  帰ってきたらその洋服は脱ぎ、

  微小粒子状物質(PM2.5)を家の中に持ち込まないように。

 

◀(色3種、大型犬用サイズL〜LL有) 

3、顔周りや足の裏には保護パウダー

 洋服で保護できない目の周り、足の裏は、花粉を直接地肌に付けないように
散歩前に保護パウダーで保護しましょう。
帰ってきたら、保護パウダーをぬれタオルで拭いたり、

シャワーで洗い落としてあげる。

  ◀お散歩の前後などに肉球の汚れを拭いてから足裏全体に塗る。

         乾燥や肌荒れの気になる部分にも塗る

 

 4、空気清浄機を使う

 

スポンサーリンク

 

  

マスクやサングラス

上記以外にマスクやサングラスなども

本来なら取り入れたいところだが わんちゃんへは難しい‥

そのため微小粒子状物質(PM2.5)の平均濃度が上昇している日には

人体への影響、わんちゃんへの影響を考え、

外出、散歩は可能な限り控えた方が良いのかもしれない。

 

 

また、暖冬となると微小粒子状物質(PM2.5)が

まとまって日本へ流れてくる可能性もあると予想されている。

そのため早めの対策が必要となるだろう。

 

 

 

 関連記事▼

www.xn--gdk6ap5czbyc.com

 

 

www.xn--gdk6ap5czbyc.com

 

 

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.