Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

マーティン・スコセッシがドーベルマンを絶賛!?【ハリウッドレポートより】

【ヒューゴの不思議な発明】という映画をご存知だろうか。

f:id:wwwhite10:20170221105926p:plain

【ヒューゴの不思議な発明】(原題: Hugo)は、2011年に米国で、2012年に日本で公開された映画である。ブライアン・セルズニックの小説『ユゴーの不思議な発明』を原作とする、監督マーティン・スコセッシ初の3D映画である。

-PR-

この映画は第84回アカデミー賞では同年最多の11部門にノミネートされ、5部門で受賞を果たしたのだが、監督であるマーティン・スコセッシがこの受賞において熱く語っている動画を発見した。

するとどうだろう。マーティン・スコセッシは映画の中で公安保安官と行動をともにしたドーベルマン(名前ブラッキー)ほど名優はいないと、熱く、熱く語っているではないか!!!

マーティン・スコセッシ氏とドーベルマン・ブラッキー 


ABCニュース | 最新ニュースビデオ

 

“ゴールデン・カラー賞はブラッキーがノミネートされるべきだった”

“なぜならブラッキーのパフォーマンスにはCGやFXは全く使わなかったのだから!!”

ゴールデン・カラー賞にブラッキーがノミネートされなかったことに対して熱く語っているマーティン・スコセッシ氏。

なぜノミネートされなかったのかーー。

それはブラッキーのパフォーマンスがあまりに完璧で、なにかしらエフェクトを使っていると判断されたそうだ。

しかし、視覚効果のスーパーバイザーとして知られるロバート・レガート氏 (アバター、アポロ13、シャッターアイランド、ハリーポッターと賢者の石、タイタニック、アビエイター)は、映画を観た後にハリウッド雑誌ではっきりと述べている。

“ブラッキーのパフォーマンスにはCGIやFXは全くなかった。自然的で、目さえ加工されていなかった。彼の作り出すチャーミングさも、彼のパフォーマンスも、すべてブラッキー自身によるもの”/Entertainment/Hollywood News | Hollywood Reporter

 

結果としてノミネートに至らなかったブラッキー。しかし、ドーベルマン愛好家として、これらはとても誇らしい言葉の数々ではないだろうか。

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.