読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

「ドーベルマン」と「ドーベルマン・ピンシャー」は同じ犬種?【ドーベルマンの呼び方の違い】

目次

  

f:id:wwwhite10:20160530112323j:plain

DobermanName:Elly(♀・4ヶ月)Owner:カオン様

 

「ドーベルマンとドーベルマン・ピンシャーは同じ犬種?」と困惑される方は意外と多いのではないでしょうか。当サイトへも「ドーベルマン・ピンシャーの略がドーベルマン?」や、「正しい呼び方はどっち?」など、これまでに何度か質問が寄せられました。

日本で出版されている本やネット上でも、【犬種名:ドーベルマン】と紹介されていたり、【犬種名:ドーベルマン・ピンシャー】と記されていたりと、確かに困惑してしまいそうです。

結論から言ってしまうと、どちらも同じ犬種を指します。ですが、ただ単に【ドーベルマン・ピンシャー】が略されて【ドーベルマン】と呼ばれているわけではありません。

この2通りの呼び方には、しっかりとした理由があります。

 

-PR-

 

【ピンシャー】とはドイツ語で【テリア】のこと

【ピンシャー】とはドイツ語で【テリア】のことを表します。そして、【テリア】とは主に農場などで害獣捕獲を行なう犬種(猟犬のことを表します。

かつて、1800年末〜1900年初期のドーベルマンが創り出されてまだ間もない頃、ドーベルマンは【ドーベルマン・ピンシャー(テリア)】と呼ばれていました。

“ドーベルマン”とは創作者の名前です。(ドイツで犬種創作者の名前がそのまま犬種になっているのはドーベルマンたった1種です。)

そして、その“ドーベルマン”の後ろに、猟犬を表す“ピンシャー”が加えられ、【ドーベルマン・ピンシャー】という名前が誕生しました。

 

【ピンシャー】が加えられた理由は明白で、創作者ドーベルマン氏が、自身の護衛と野犬捕獲(狩猟)を目的として作出したことに起因します。

 

【ドーベルマン・ピンシャー】から【ドーベルマン】へ

第2次世界大戦も終りを迎え、ドーベルマンが軍用犬・警察犬として立派な功績を残した頃、ドーベルマンの原産地ドイツでは、その傑出した護衛能力を称え、もはやドーベルマンに【ピンシャー(猟犬)】のカテゴリーはふさわしくないと、【ドーベルマン・ピンシャー】という名前から、【ピンシャー(テリア)】を外すことを決め、犬種名を正式に【ドーベルマン】と改めました。

 

半世紀後、イギリスでも、【ピンシャー(猟犬)】というカテゴリーが、やはり、軍用犬・警察犬として認知されたドーベルマンには、相応しい名前ではないとして、ドイツ同様に、名前から【ピンシャー】を外しました。

 

そして現在、ヨーロッパ全土で【ピンシャー】は外され、正式な犬種名【ドーベルマン】として認知されています

 

【ドーベルマン・ピンシャー】は昔の名前?

そうなると、ドーベルマン・ピンシャーは昔の名前?と思ってしまいそうですが、実際はそうではありません。

なぜなら、アメリカでは今もなお、ドーベルマンが作出された当初の呼び方、【ドーベルマン・ピンシャー(テリア)】と呼び、“ピンシャー(テリア)”がついたままとなっています。

原産国ドイツは、アメリカに犬種名の統合を依頼していますが、未だ変更に至ってはいません。 おそらくここが、同じ犬種に2パターンの名前があり、「同一犬種??」と困惑してしまう部分なのでしょう。

 

日本ではどう呼ばれてる?

日本では他国のようにはっきりわかれていないところがあり、【犬種名:ドーベルマン・ピンシャー(別名ドーベルマン)】と記されていたり、もしくは【ドーベルマン・ピンシャー】とだけ記されている場合もあって、様々です。

どちらで呼んでも決して誤りではありませんが、傾向としてはヨーロッパ同様に【犬種名:ドーベルマン(別名ドーベルマン・ピンシャー)】に固定されつつあるようです。

 

f:id:wwwhite10:20160530124857j:plain-DobermanTimes®でドーベルマン氏を見る。

【カオン様、写真のご提供、誠にありがとうございました(*^^*)】

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/広告募集/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.