Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

大型犬の心音に潜む闇【拡張型心筋症と遺伝子検査】

f:id:wwwhite10:20161106123622j:plain

ドーベルマンの心音に潜む【闇】をあなたはご存知だろうか。今もなお、世界中のドーベルマンの多くが、なんの前触れも無く、突然、その生命を失っているという現実を・・・

健全なドーベルマンの徹底した繁殖を願う愛好家は遥かに多く、“自分と同じような悲しみを経験してほしくない”という彼らの願いはとても強いーー

 

目次

 

ここからの内容には、ドイツで研究されたドーベルマンの有病率データを具体的に記載している。その数値に、思わず心を乱されてしまう飼い主もいるだろう。しかし、決して動じないで欲しい。愛犬を前に悲観的に考える必要もない。

これから生まれてくるドーベルマンのために、【今】ドーベルマンの飼い主である私達が、【知識】として得ることがなによりも大切なのだ。そして、ほんの僅かな行動と認識の変化で、【未来】のドーベルマンから、それらリスクの多くを退けられるものであると信じてほしい。

拡張型心筋症:Dilated Cardio Myopathy (DCM)

f:id:wwwhite10:20170112210948p:plain

出典:DCM in Doberman Pinschers 

世界中で多くのドーベルマンが、その生命をなんの前触れも無く失っている重い遺伝病と言えば、【拡張型心筋症(DCM)】を即座に思いつく愛好家は多いだろう。

【DCM】とは、心筋の収縮力(ポンプ作用)が著しく低下することにより引き起こされる心疾患の1つである。そして、それはドーベルマンの場合、殆どが先天的だ。つまり、親から仔へ遺伝し、発症している。

【DCM】の兆候と言えば、心音の異変である。心音に雑音が混じったり、独特な心音を発している場合に、この病気が疑われるのだがー・・・

普段から愛犬の心音に注意を払う飼い主は、はたしてどれくらいいるだろうか?

「なんの前触れも無く、突然に…」これも、ドーベルマンの飼い主の心へ多大な悲しみを与える【DCM】の特徴の1つである。

 

ドーベルマンのDCM有病率データ

拡張型心筋症(DCM)の3大犬種といえば、【ドーベルマン】【ボクサー】【グレート・デーン】が挙げられる。そして、その中でもとりわけ高い発症率を有し、最も予後が重いとされるのが、成熟期のドーベルマン(オス)だ。

以下の統計は、ドーベルマンの原産国ドイツの最大都市ミュンヘンにあるルートヴィヒ・マクシミリアン大学(LMU Munich)の、小動物医学研究チームが発表したデータである。

 

【齢別ドーベルマンのDCM有病率(%)】

  • 0〜2歳【3.3%】
  • 2〜4歳【9.9%】
  • 4〜6歳【12.5%】
  • 6〜8歳【43.6%】
  • 8歳以上【44.1%】

 ※有病率とは、ある地域内の発症したドーベルマンの数を、その地域内全体のドーベルマン数で割ったもの

 

【オスとメスの性差】

  • オスはメスの1.5倍多く発症
  • オスとメスでは、症状の発現および進行の違いがみられる

 

【ドーベルマンの発症傾向】

  • ドーベルマンの累積有病率【58.2%】
  • 主に、3〜7歳のオスのドーベルマンに多発

 

【ドーベルマンのDCM遺伝子】

  • ドーベルマンの【DCM遺伝子】は、【常染色体の優性遺伝】である。仔に遺伝させないためには、親犬両方が共に【クリア(ノーマル)】でなければならない。

⬇例:オスがDCM遺伝子(ホモ接合型)を持っている場合【メスはクリア

f:id:wwwhite10:20170110182928j:plain

⬇例:メスがDCM遺伝子(ホモ接合型)をもっている場合【オスはクリア

f:id:wwwhite10:20170110183004j:plain

図からも、この【DCM遺伝子】が、いかに発症率が高い遺伝子で、仔への影響力も高いかがわかるだろう。

 

【アメリカ、カナダのドーベルマンDCM有病率】

  • 45%〜63%と、上記(ドイツ)のデータと酷似

 

最大の予防【遺伝子検査】

他の犬種と比較しても、ドーベルマンの【DCM】発症率は非常に高い。また突然死のリスクは最大と言われている。ゆえに、現時点でドーベルマンのみ、【DCM】の遺伝子検査が、海外の研究機関で可能となっている。

この遺伝子検査だけが、ドーベルマンから【DCM】のリスクを退けるための唯一の方法になるのだ。

いくつかのドーベルマン犬舎は、自身のホームページ上で遺伝子検査結果を公表していたり、連絡すれば開示してくれる。もしも、ドーベルマンを譲り受ける際、遺伝子検査結果を確認出来ていないのであれば、改めて犬舎のホームページを見てみよう。

オスメス共にノーマル(クリア)が公表されていれば良しだ。

もし公表されていなければ…、自分で遺伝子検査を行うしかないわけだが、犬の遺伝子検査と聞くと、とても大変な作業を思い浮かべるかもしれない。ましてや海外となると、「無理そう…」となってしまう人は多いだろう。

しかし、安心してほしい

自分で遺伝子検査を行う愛好家のために、ここでその手順を紹介する。恐らく、これまでの遺伝子検査の敷居が、ぐんと下がるだろう。 

犬の遺伝子検査と申込み手順

f:id:wwwhite10:20170111011305p:plain

出典:http://www.orivet.jp/

オリベット(Orivet)ここは、数少ないドーベルマンのDCMの遺伝子検査が出来る機関だ。

 

  • まずはじめに、オリベットのアカウントを新規作成する
  • アカウントを作成したら、ログインして画面左側の【犬用検査】を選択する。
  • そうすると【犬種選択画面】に移動する。
  • そこでドーベルマンを選択すると、⬇の画面へ移動する。

 

f:id:wwwhite10:20170110230912p:plain

出典:http://www.orivet.jp/

 

  • ドーベルマンの持つ遺伝子疾患7つの検査を推奨されるが、1つから検査可能だ(9,200円)。送付した愛犬の遺伝子サンプルは研究所に保管されるため、必要な時に、必要な検査を受けるという手もあるようだが、セット検査(17,500円)というのもある。

f:id:wwwhite10:20170110231929p:plain

出典:http://www.orivet.jp/

  • 検査希望の疾患にチェック、【カートへ追加】して検査の申込みを行う。
  • 10日前後で【遺伝子検査キッド】⬇が自宅に届く。

f:id:wwwhite10:20170111000253j:plain

f:id:wwwhite10:20170111000022j:plain

  • 同封されている日本語の説明書を読みながら、緑色のブラシで愛犬の口腔内をゴシゴシして、必要事項を記入して返送する。もちろん、返送宛先も日本国内だ。
  • 返送が済んだら、次は検査費用の支払いを済ませる。方法は銀行振込かPayPalだ。サンプルをポストに投函した後は速やかに支払いを済ませよう。
  • 支払いが済んだ後は、約1ヶ月間、検査結果が送られてくるのを待つだけだ。

 

そして、1ヶ月後・・・

  • 遺伝子検査結果・原本(英語)】【日本語訳の用語表】PDFファイルが添付されたメールが送られてきて完了となる。

 

原本が英語だからいっても焦る必要はない。愛犬の情報の下に、疾患名+【ノーマル/キャリア/アフェクテッド】のいずれかが記載されている。

例えば、拡張型心筋症(DCM)の検査で、結果がノーマルであれば、

【DISEASE(S):Dilated CardioMyopathy-NORMAL〜】と記載されている。

f:id:wwwhite10:20170112220312j:plain

補足になるが、可能なら【紙レポート発行・発送サービス(1頭/200円)】も同時に申し込むと良いだろう。このサービスに申し込むと、後日、紙レポートも自宅に届く。紙レポートと言っても、原本はしっかりとした厚紙に印刷されてくるのだ。

十分な遺伝子検査を行なったことを証明する原本は、やはりデータ+厚紙で保管していた方が安心と言えるだろう。

症状が出る前に発見することの意義

難しそうだと思っていた犬の遺伝子検査が、意外と簡単であることに気がつけただろうか。【①申込➔②口の中をゴシゴシしたサンプルを返送➔③支払い➔④1ヶ月待つだけ】なのだ。

愛犬の心音に【雑音】が交じる前に、心電図に【不整脈】が認められる前に、飼い主がDCMの可能性に気付けることが、どれだけ意義のあることか。確かに費用はかかるーー・・・、しかし、それ以上のものを得られるだろう。

そして、世界中のドーベルマンの飼い主に対し、一様に勧められていることがある。それは、2歳を過ぎたドーベルマンの飼い主は、年一回の健康診断に、【心電図検査】と【エコー検査】を加えることである。

「繁殖も考えていないのに、遺伝子検査はちょっと…」と思うオーナーももちろんいるだろう。ならば、これからの健康診断は、その検査内容を見直すのはどうだろうか。

 

f:id:wwwhite10:20161106123622j:plain-DobermanTimes®

【この記事を書くにあたり多くの情報をご提供くださったドーベルマンオーナー様、大型犬オーナー様、心よりお礼申し上げます。】

 

<資料文献>

Predictors of Sudden Cardiac Death in Doberman Pinschers with Dilated Cardiomyopathy. - PubMed - NCBI

Prevalence of dilated cardiomyopathy in Doberman Pinschers in various age groups. - PubMed - NCBI

Ability of a 5-minute electrocardiography (ECG) for predicting arrhythmias in Doberman Pinschers with cardiomyopathy in comparison with a 24-hour a... - PubMed - NCBI

Blackstone Dobermanns - one journey with dilated cardiomyopathy

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.