読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Doberman’s Blog/ドーベルマン ブログ    (ドーベルマン.com)

洗練された気品と、 完全なる忠誠心をもつドーベルマン。その魅力を語る場所。

Guest*Book

ドーベルマンの被毛は、密着し光沢がある。【ドーベルマンのコンディション】

ドーベルマンは感受性が非常に高い。それは魅力の1つと言えるだろう。研ぎ澄まされた感受性は、彼らの持つ警戒性をより高め、未知のものへの誘惑に屈することはまず無いーー。ゆえに他人にはなじまず、飼い主への無条件の忠誠心を養う。 リングの上では、表…

大型犬の心音に潜む闇【拡張型心筋症と遺伝子検査】

健全なドーベルマンの、徹底した繁殖を願う愛好家は遥かに多く、“自分と同じような悲しみを経験してほしくない”という彼らの願いはとても強いーー・・・。 犬の遺伝子検査と聞くと、とても大変な作業を思い浮かべるかもしれない。ましてや海外となると、「無…

ドーベルマンの爆発的発展と改革。

一般的に【怖そう…】というイメージがあるにもかかわらず、ドーベルマンという犬種に魅力を感じる賛美者は世界中に存在している。もはや“中毒的”とも呼べる魅力を持つドーベルマンの驚異的な発展と改革をみてみよう。

【大型犬の爪切りは大変??】大型犬の爪切りを楽にするおすすめ3選

ドーベルマンの爪切りについて、特に女性の方から【爪切りが出来ない、時間がかかりすぎて大変…】などのコメントを、最近ちょこちょこ頂きますので、ここで改めて記事にしたいと思います。

【ミセス・ドーベルマン】彼女は一体何者だろうか。

以前から気になる女性がいた。その女性は、主にアメリカで販売されているドーベルマンに関する書物の中で、必ずと言っても良いほどよく登場する人物である。

親から仔へ。【ドーベルマンの継承可能な全ての毛色チャート】

今回の記事は少々専門的な情報ばかりの内容である。しかし、ドーベルマンついて、より高度な知識を得たいと願う愛好家や、繁殖を考える者にとって、仔犬の健全性に密接な関わりのある【ドーベルマンの継承可能な毛色】は、外せない知識だろう。

ドーベルマンオーナーが忘れてはならない10の事。

ドーベルマンは使役犬です。意図的に護衛能力を高められた犬種であることを理解し、それでいて、やはり“私はドーベルマンを迎えたい”と強く心に決めたのなら、忘れてはならないとても大切なことがあります。

大型犬の犬舎(犬小屋)とはどうあるべきか。

大型犬の犬舎(犬小屋)とはどうあるべきか。今では、ペットブームも相まって、小型犬だけでなく大型犬や超大型犬でも、室内で飼育する飼い主は増えている。とはいえ、当サイトには、外で大型犬を飼う場合のフェンスの高さやスペースの広さ、材質についてな…

愛犬に子犬を産ませたい!【大型犬の発情時期・妊娠・出産の8つの基礎知識】

愛犬に子犬を産ませたい!そう願う飼い主は多いだろう。では、まずはじめになにをすれば良いのだろうか?、大型犬のお見合い相手の見つけ方、発情時期、妊娠、出産、産後と、さっそく順にみていこう。

【発育の良いドーベルマンの子犬を選ぶための10の基礎知識】ブリーダー見学時にチェックすべき事とは??

ドーベルマンの子犬を迎えたいと思ったら、やはり気になるのは、見学時、子犬のどこをチェックすればよいかという点に尽きると思います。しかし、ドーベルマンに関する情報は少ないうえ、実際に飼っている人も見たことがないという方も多く、当サイトには「…

ドーベルマン(大型犬)の食事回数と摂取カロリー

普段から愛犬の食事の内容、量、鮮度に気を付けることは、その子の健康と長生きにはつながります。健康の“土台”ともいえる食事についてさっそくみていきましょう。

愛犬家のためのマニュアル【家庭で行う応急処置】

愛犬家のためのマニュアル【家庭で行う応急処置】アクシデントはいつ起こるかわかりません。 万が一に備え、基礎的な応急処置について学んでおきましょう。目次:愛犬家のためのマニュアル【家庭で行う応急処置】 ・ショック状態 ・外傷(切り傷・擦り傷) …

季節にあわせたドーベルマンの体のケア

季節にあわせたドーベルマンの体のケア 四季豊かな日本で暮らすドーベルマンにとって、季節ごとのケアは健康維持にはかかせません。一年を通し健康に過ごすために四季それぞれにあった住環境や散歩を工夫しましょう。 目次 季節にあわせたドーベルマンの体の…

ドーベルマンのホームケア【ブラッシング・耳・爪切り・目元・おしり】

毎日のホームケア ■ブラッシング ■耳の掃除 ■爪切り ■目の周りの手入れ ■肛門の手入れ

【ドーベルマン(大型犬)の嘔吐、下痢、血便の基本処置】

以下は読者様よりいただいたご質問です。「ドーベルマンって下痢多くないですか?下痢でなくても軟便がずっと続いたり…病院で診てもらっても、病気とかじゃなくてこれといった原因は不明でした。これドーベルマンの体質ですか?ちょっと気になってたのでメー…

ドーベルマンの健康的な子犬の選び方。優良なブリーダーとは??

ここ最近いただくご質問で 「子犬の見学に行きます! ドーベルマン特有の良い子犬の選ぶ基準があれば教えて下さい!」 というような主旨の内容を、ここ最近かなり頻繁に頂きます。 【サクミン様、掲載快諾ありがとうございました(*^^*)】 そういえばわたしの愛犬…

ドーベルマンの基礎知識【遺伝・体形・体質ゆえに、かかりやすい25の疾患】

ドーベルマンには遺伝的要因により発症する可能性が高い疾患、体形・体質ゆえにかかりやすい疾患があります。ドーベルマンのかかりやすい主な25の疾患とその一般的な初期症状と原因をまとめました。これらの情報に目を通しておくことは、万一の予防、早期…

ドーベルマンの歴史【ドーベルマン氏とドーベルマン】

カール・フリードリッヒ・ルイス・ドーベルマンは、最初のドーベルマンのブリーダーです。彼は地元のニーダーロースラー地区の税務局から収税吏を任せられ、持ち歩く現金の安全と護身のため、また、もう一つの仕事、野犬捕獲員として従事し、市の皮剥場も管…

お知らせ(!)/DobermanTimes®について/動画・写真の投稿 /参考文献/リンク/広告募集/プライバシーポリシー/免責事項CONTACT 

    Copyright© 2015-2017 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.